カリキュラム・ポリシー

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成方針)

 5領域から成る「共通科目」及び各コース独自の専門性を追求した「コース科目」を基盤としながら,「学校実習科目」で学校での実習参画を拡大・深化させ,「総合科目」において全体的な理論と実践の往還を図ります。

  • 共通科目では,教育の各領域における本質的な理論と実践を学ぶとともに,最新の教育課題についても取り上げます。
  • コース科目では,それぞれのコースに応じ,基礎理論とその発展及び事例検討などを行います。
  • 1年次の学校実習は,全学校種の教育課程を有する本学附属学校園で行います。2年次の学校実習は,現職教員学生の所属する連携協力校において行います。
  • 総合科目は専任教員全員が共同で担当し,多様な視点から理論と実践を往還させます。

curriculum-1

TOP