研究科の目的と特色

 本学教職大学院では,地域特性や教育課題を踏まえ,学校教育に関する高度の学識及び実践力・応用力を備え,特に子どもたちの主体的・能動的な学習をデザインし,支援する力において全県レベルでリーダー的役割を果たしうる優れた教員(新採教員や若手・中堅教員),並びにそのような教員から組織される学校において,確かな教育理論と優れた実践力・応用力を備え,地域や家庭と連携しつつ学校の管理運営において指導的役割を果たし得る中核的教員を養成します。

学校教育における今日的課題

 グローバル化や情報化が急速に進行し、少子高齢化という未曾有の事態に直面するなど急激に社会が変化しており、それに伴い学校教育も高度化・複雑化する諸課題への対応が迫られています。また、子どもたちが主体的・協働的に学ぶ授業を展開し、21世紀社会を生きるために必要な様々な素養・能力を醸成できる指導力を備えた教員の養成が、今日の重要な課題となっており、加えて、教員の「新たな学びを展開できる実践的指導力」を積極的に活かしつつ、社会の変化に適切に対応した学校経営・運営も学校教育における重要な課題となっています。
 このような中で、教員の大量退職・大量採用の時期に来ています。そのため、教員採用に当たり、実践的指導力を身につけた即戦力となる人材が求められているとともに、管理職となるスクールリーダーの養成も急務となっています。

本研究科の目的

 直面している教育的課題に応えるために,本研究科では以下のような理念・目的を掲げています。

  1. 子どもの自立・協働・創造に向けた一人一人の主体的な学びを実現することを目指して、教員の教育能力や管理能力を高度専門職業人としてのレベルにまで高めることを目的とする。
  2. 様々な課題を抱え、それを適時に解決することを求められる学校教育の現場において、①授業・学習指導面では、その理論と実践に関する研究を主導することのできる高度な学識を備えた教員、②学校管理運営に関する面では、先進的知見と蓄積された経験を踏まえ、社会の変化に適切に対応した学校経営・運営能力を備えた教員を養成することを目的とする。

本研究科の特色

 本教職大学院の各コースがめざす目的を達成するに際しては、金沢大学全体や人間社会学域の多様な資源、学校教育学類の歴史的蓄積、教育学研究科の先駆的試みを多様に活かすことができます。

TOP